研究公募

HOME > 研究公募

研究公募

東日本大震災後の原子力発電所(原発)事故に基づき半径20キロメートル圏内に設定された「警戒区域」。
“想定外”の原発事故。
一つ屋根の下で暮らしていた人と家畜は避難がままならいまま、取り返しのつかない多くの尊い命が失われました。
前を向き生きる牛たちと向き合う農家と多くの分野の研究者が、各専門分野の視点を生かしながら新たな研究成果を生み出すことを期待します。

第一回 家畜と農地の管理研究会 研究公募要項

【1】公募の趣旨

【プレスリリース】
2013年5月17日 福島第一原発20km圏内に残された牛を活用した研究公募の開始と帰還困難区域内の現地調査の公開

 当法人は、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わった家畜を活用した研究活動を推進し、有用な科学データの集積活動を行うことにより、今後の放射能災害の予防に寄与し、もって人と動物が共存する豊かで健全な社会の形成に貢献することを目的として設立されました。

 当法人では、昨年度から福島第一原子力発電所20km圏内に所在する農家の要請に基づき、これらの農家が飼育する家畜に係る飼育管理、飼料給与、施設整備、診療及び避妊・去勢を行うのに必要とされる経費の援助、技術の提供を行っております。また、これらの農家が飼育する家畜を研究に活用することについてもこれらの農家の了承を得ており、実施する研究は、当法人が一般から公募し、その内容を評価して動物の福祉と愛護に十分に配慮したものであることを確認したうえで、選定することとしています。

 当法人としては、原子力発電所事故に関わった家畜を活用した研究活動を推進し、有用な科学データの集積活動を行うことにより、今後の放射能災害対策の確立に寄与し、人と動物が共存する豊かで健全な社会の形成に貢献することを希望しております。

【2】研究分野

(1)家畜における放射線の影響に関する研究
(2)家畜における放射性物質の代謝等に関する研究
(3)原発事故に関わった家畜の行動、生理、繁殖等に関する研究
(4)原発事故に関わった家畜に関連する農地の管理等に関する研究

【3】研究助成対象者

(1)国内の大学、短大の研究者(大学院生も含む)
(2)国公立並びに独立行政法人等の研究機関の研究者
(3)その他当法人の理事会において適当と認められた研究者

【4】選定要件

(1)研究内容については、独創的、創造的、先進的であり、その研究の成果が広く学術研究等に資することが期待できること
(2)原子力発電所20km圏内に所在する農家が飼育する家畜を研究対象とすることにより、著しく研究の成果が向上するものであること
(3)研究の成果は、当法人の要請に基づき、当法人主催の研究報告会等において必ず公表すること
(4)所定の申請書様式による申請することとし、申請書には助成を希望する研究課題、目的、計画・手法、所要経費等必要事項が明示されていること

【5】研究のための費用  ※第1回の募集は、2013年6月20日(木)にて締め切らせていただきました。

研究のための費用は、研究を実施する者が確保すること

【応募要項】
プラグインのダウンロードはこちら(Adobe Reader)

研究の実施 研究は「福島第一原子力発電所20km圏内の家畜を活用した研究の実施に関する覚書」に基づき実施すること
選考方法 当法人の理事会の議を経て決定します。
申請手続き及び締切期日

募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。

提出書類 研究実施申請書に必要事項を記入してご提出ください。

PDF版 申請書 >  Excel版 申請書 >

IEをご利用の方で「Excel版 申請書」をご使用される方は
「Excel版 申請書>」をクリック→「保存」or「名前をつけて保存」をクリックしてください。
「開く」をクリックした場合、IEに限らずご利用のブラウザ、verによってはエラーが発生し正常にファイルを閲覧できない場合があります。

※申請書は下記3つの書式をすべてご提出ください。
※「Excel版 申請書」はシート別になっています、ご注意ください。
(1)研究実施申請書
(2)研究内容
(3)申請者の研究歴等
選考決定通知 平成25年7月通知予定。
研究結果等の報告 研究期間終了後、研究成果報告書(A4サイズ)を1部提出していただきます。
なお、研究成果報告書は後日、当法人HPで公表いたします。
申請書提出先 〒107-0052
東京都港区赤坂6-8-11 ストーリア赤坂103
「家畜と農地の管理研究会」 代表理事 伊藤 伸彦宛

【6】問い合わせ先

「家畜と農地の管理研究会」事務局
TEL:03-5876-5041
E-mail:koubo@liffn.jp
※詳細のお問い合わせはE-mailにてご連絡くだい。

PAGE TOP

p>