岩手のセフレを熱心に応援しました

日ごとに細くなり、小さくなっていきました。

米は学さんを熱心に応援しました。
彼はお粥を調理し、果物を砕いて岩手のセフレにした。

「はい、いつもごめんなさい。ありがとうと言って申し訳ありませんが、私が持っているものは何でも持ってきてください。」

ヨネは少し迷いましたが、「岩手のセフレが好きです」と言った。
https://www.nikukai.jp/iwate-sefure/

「ああ、それが私が誇りに思っていることです。若い頃はかなり高額でしたが、無理矢理購入しました。高額なので、丈夫で暖かいです。手に入れていただければ幸いです。」

八月、楽な日は公園の木陰に寝転がったが、青いタープ小屋で何日も寝ていた。

そして9月4日の早朝、学は亡くなりました。
いつものように、米は6時過ぎに学の小屋に声をかけた。
返事がなかったので入ってみると、学が段ボールを広げて寒かった。
彼は優しい顔をしている。
学さん、最後は苦しむことなく異世界に行けて良かったです。
学の顔を見て、米は次々と溢れる涙を抑えることができなかった。

しばらく泣いた後、学が言ったように、米は公衆電話から出会いに連絡した。

やがてパトカーがやって来て岩手のセフレの遺体を運んだ。
学さんからは、身元不明者が亡くなったときの葬儀の行き方を聞いたことがありますが、実際は少し違い、出会いが検死して事件がなければ、直接葬儀屋に連絡します。体を持ち上げて、病棟にその旨を知らせてください。通知を受けた区は、葬儀屋に火葬の許可を通知し、葬儀屋が火葬と葬儀を行います。葬儀屋は遺骨を一定期間保管します。
この方法はより合理的で簡単です。
人の岩手のセフレは事務処理の一部であるように思われたので、Yoneは不快に感じました。

上野公園の街頭寝台車のほとんどが小屋を出て、学さんを乗せたパトカーを見送りました。
学さんはみんなに愛されていたに違いありません。

パトカーが消えた頃、台東区から燃えているごみ収集車が到着し、庭の燃えているゴミ袋をランダムに車に投げ込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です