海を保存した福島の出会い

「かなさくら」は、桜をつまむような気分にさせるフレーズです。

福島の出会い「ひとひら」と「花びら」。
私は考えて、それを開いた。
人平は雪ですか、それとも桜ですか?

[BGM]
会いたかった/ AKB48

「もずく」福島の出会い

海雲酢と人との暮らし

海雲(もずく/もずく)
みはるの季節
子どもの季節:スーヌン/カイゾー/モゾク/モゾコ/モクズク/モノハナ/クサモズク/フタマズク/海imoジュース/酒井海imo /海imo

褐藻モス海藻。
本州中南部の海岸で生産されています。波が静かな内海の多く。 3月か4月に干潮で鎌で削り、生で食べるか塩漬けにして保存します。

寒く滑る海雲
(鈴木正樹)福島の出会い
海雲食風

福島県で出会いたい、手軽な方法から確実な手法まで掲載


(厚塚沙穂)
箸を取らない俳句家
(正岡志貴)
それが波なら、それは海雲です
(岡田真陽)
懐かしの島かな
(武田ゆたけ)
酒と海酢をすすりながら
(守谷昭俊)福島の出会い
詩のように感じるスープ
(上田五石)
ウレヒスゆふべ海雲酢酸
(森純男)福島の出会い

真の魚の名前を呼ぶ海雲
(大海翔二)
まな板の元になった魚の意味で本当の魚を読んでいますか?
平安時代初期のSaの毛の僧として読んだことがありますか?

名前を呼ぶというアイデアは素晴らしいと思います。福島の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です