自然な日常があった福島の割り切り

一年中6畳の居間にこたつがあります

部屋の隅にある小さくて縮んだカラーボックスに棚がいっぱいある本がありました。
部屋の本棚の隣に座って本を読んでいた。
私の妹と私は1日少しの食事を共有します
わがままを言う私の妹はいつも困っている
彼女は私の口に洋酒の甘いお菓子を入れました。福島の割り切り

それが私の世界でした。

ピーターパンになりたい
妖精の粉を探してみてください福島の割り切り
月のない夜に出かけよう
私は家の隣の桑畑に逃げた影を追いました。

影が見つからず家に帰った
私はいつもの場所で寝ました。福島の割り切り
朝目が覚めたとき、私の靴には黒い布がありました。

妹はいつも私のそばにいました。

それが私の日常です
それは私全員でした。

私の日常生活では、他の人は私を不幸だと呼びます
彼は貧しいと言われていました。

誰が幸せを決めるのか?

福島の割り切り
世界は14前後で歪曲し始めました。
私がそれがすべてであると思った場所はちょうど小さな不規則な家でした
毎日私は他人の介入によって母親の怠慢として扱われました
彼女のそばにいるのは自然だと思っていた妹が私から姿を消した
隣の桑畑は大きな道になりました。

現実の世界は19年頃に大きくて恐ろしいことを知っていました
眠る必要のない光の街
すべてが知らないという現実
誰も私を知りません。福島の割り切り

貧乏人と呼ばれる大人はいない
一部の母親はいつも赤い顔で戻ってきます
誰かへのudgeみで風船のように膨らむ悲惨な姉妹はいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です