今回は浮気できない福島の出会い

( 『職説』藤村忠久/嬉野正道)

福島の出会い
著者の名前に気付いたら、その番組のファンですか?

今日の日本では、「他人に任せる」という典型的な例が
政治のリーダーとして、彼は浮気してきた。

たまたま別の記事で読んだ
「調整」というキーワードも印象的
考えてみると少し見えそうです。

さて、彼の頭は「調整」でいっぱいですか?

閣僚、派閥、政党、官僚、 知事…
わかりませんが、そのような相手との調整
彼は最優先です。

そして、人々は調整パートナーに含まれていません。

周りの人もよく言う
洗い流されやすい環境で
調整の頭で最も「安全」であると思われるオプションを選択してください。

永田町なのか霞ヶ関なのか新宿区なのかわかりません
ポイントは、そのような非常に狭い範囲での狭い洞察のみであるということです
思考と物事は決まっています。

福島の出会いそして再び人々と
「適切な関係だとは思わない」
それは多くの問題です!

そんなことを考えて知りたい
私はこの本を読んだことがありませんが…

そのプログラムの面白さの背景
仕事の進め方の参考にもできます
それも私が送りたい本でした首相官邸。
(^ _ ^;)

福島の出会い

今日は家の近くを歩いた。
(私はマスクをして一人で行きました。)

福島の出会い外出は禁止されていますが、適度な運動が勧められたので、交通量の少ない場所を歩きました。

歩いていると普段気が付かないような風景がたくさんありますが、そのとき見つけた桜の写真が今回と今日に投稿されました。福島の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です