岩手童貞がキャットフードを見て…

味の前には…
さば缶と納豆の混合物を見て、
私は「これはキャットフード(きたないキャットミール)ですか?」と思いました。
岩手童貞が黙って解放されるならば、それは私が笛を置くつもりであるようにそれが感じていないようです(そしてそれは匂いがします)。

しかし、「おいしい」と言った岩手童貞を信じて飲んで食べた…

【印象】

妻「うーん…納豆を食べないほうがいいと思う…」

私は「うーん…サバがなければもっといいだろうな…」

2人の人々、「それがこのように見える場合、それは同意するコメントです」

…それで、外観と味の面で、それは私たちの家で「世界のための恐ろしい料理」になりました。

(追記)山形県村上地区、郷土料理が焼けてすみません、申し訳ありません!
夏らしい日でした。

岩手童貞のことから気づいたこと、変なこと。

私はその人の若い姿を見たことも見たこともない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です